情熱日記 - 名古屋経営コンサルタントMPC

業績低調の要因とは

こんばんは!代表コンサルタントの原田でございますwink

日本経済を支えるたくさんの企業がありますがその99%中小企業といわれております。

その中小企業が元気がないweep大変なことです・・・

我々のような小さなコンサルタント会社にも日々ご相談をいただいているようなご時世なのですが、

相談の大半が「資金繰り」です。

まあ、資金調達や資金繰りの改善を得意とする弊社にとっては当たり前なんですけどね・・・

得意であって本業なんですがMPCは経営コンサルタント会社であることを念を押しておきますcoldsweats01

経営に関することはお気軽に・・・

と宣伝はさておきまして、本題ですが

読者の皆さんは業績不振、経営低迷の原因は何だと思いますか?

売り上げの減少?景気の低迷?借金過多?社員教育不足?

このように質問すると対外上のような回答をいただきます。

いえいえ答えは大概「社長の怠慢」にあります。

創業の精神をもちつづけていますか?その時は何でも屋でしたよね?

いつのまにか社員に任せていませんか?

いつのまにか環境に任せていませんか?

苦しい苦しいと言いながら、良い車に乗っていませんか?

説得力ありませんよ。

中小企業のほぼ大半でその会社の中で最も戦闘能力も防衛能力も高い人材は社長自身ではありませんか!

社長が働かなければ業績なんて向上しません!

 

環境が悪い時、不調なときこそ「社長自身が先頭に立つべきなんです!」

 

もし、怠慢癖がついてしまって気合の入れ方がわからなくなってしまったら是非MPCにご相談ください!

 

 

追伸、弊社では私自身が先頭に立っていると自負しております!!!!

10月26日21時16分 from 原田

Windows 7。

いよいよ10月も最終週となりましたが、朝から雨で嫌な天気ですrain

そして寒いsnow

そんな中、先週末にWindows 7が発売されましたねnew

新しい物好きな僕にとっては、心躍るニュースですscissors

あまり良い評判のなかったVista。

でも実は毎日Vistaを使ってますが、特に不満はないんですよcoldsweats01

ただ、今回の7は前評判が良いので、早く触ってみたいです~bearing


と、期待しているWindows 7ですが、
フジテレビでは残念な実演になっちゃったみたいですね...weep

2度も...。


企業も今回のOSには興味津々なようで、導入を考える会社様も多いそうです。

が、OSが変わったところで、
ワープロソフトから生まれる企画書が急に斬新になるわけでもなければ、
表計算ソフトで作る請求金額が突然膨れあがるなんてこともありません。

やっぱり企業様にとって、OSのバージョンアップは簡単ではないんですよねbomb

下位互換性を売りにしている今回の7ですが、
現在使っているソフトが完璧に動くのかは、慎重に考えなければいけないところですchick

ただ、「Windows XP モード」という、
驚くほど後ろ向きな機能も搭載されている模様coldsweats02

下位互換に自信があるやらないやら...despair


それでもWindows 7 が欲しい井谷でしたpaper
10月26日18時40分 from 井谷

MovableType。

最近、WEB制作をしたいというお客様から、
オリジナルのブログを作りたいという話をよくお聞きしますear

オリジナルのブログと言っても色々ありまして、
アメブロやエキサイトといった無料で開設できるブログのデザインをオリジナルにしたり、
ブログそのもののシステムをオリジナルで開発したりflair

お客様が望まれるのは、後者がほとんどです。

無料で開設できるブログには、どうしても広告が表示されてしまうので、
そこを気にされるお客様が多いですねthink

さて、ではこのMPCの「情熱日記」ですが、特に広告等の表示はされていないはずですchick

しかし、ブログシステムを開発したわけではありませんeye

この「情熱日記」は「MovableType」というシステムを利用して制作しています。

オリジナルでブログシステムを開発することも可能ですが、
やはりそれなりの費用がかかりますimpact


他にはない機能を自由に開発できるので非常にメリットは多いですが、

どうしても予算が...。

といった場合には、こういったシステムを上手く利用することで、
制作コストを下げることが出来ますyen


もちろんMPCでは、「MovableType」を利用した、
ブログ制作、サイト制作を行っておりますhappy02


オリジナルのブログ制作をご検討されている方がおられましたら、
是非、私、井谷までご連絡くださいphoneto
10月22日18時54分 from 井谷

親知らず。

この土曜日に歯医者に行って親知らずを抜いてきましたkissmark

今年に入って4本目thunder


はいflair


これで親知らずが全部無くなりましたhappy02

最初の1本は虫歯になってたんで、
もう抜いちゃいましょうって歯医者さんに言われて抜いたんですが、
その後の3本は、完全にノリですgood

虫歯になると痛いって噂をよく聞くんで、
それなら虫歯になる前に全部抜いてしまおうと。

ちなみに抜いた歯を全部もらって帰ってきましたcoldsweats02

ブログに写メでも載っけてやろうと思っていたんですが、
さすがに気持ち悪いでしょうからやめておきます。

何故、抜いた歯をもらったのかは自分でも謎ですがねcatface

ちなみに歯医者さんに聞いてみたんですが、
抜いた親知らずを屋根に投げたら良い!とかいうジンクスはないそうですempty

なので、もらった4本の親知らずを、
この後どう処理していいのかわからず困っている井谷でしたtyphoon


ちなみに僕は弊社代表とは違って、
抜いた後、高熱が出て1週間ぐらい死ぬっていう状況にはならずにすみましたhappy01
10月20日21時38分 from 井谷

経営の中身≠決算書

代表コンサルタントの原田です。お久しぶりです!

 

さて、今日は最近お客様になっていただいた方との面談でした。

よくある会話なのですが少し紹介させていただこうと思います。

A社長「うちは粗利益率は確保しているはずなんだよね~なのに資金繰りが忙しいんだ・・・」

原田「社長!決算書には掛け算や割り算はないって知ってますか?」

A社長「?そう言われればそうだよね」

原田「そうなんですよ!銀行や税理士、コンサルタントが偉そうに財務分析をする過程で○○比率

とか△△率とかいって難しくしているんです」

A社長「!!」

原田「30%粗利を40%に上げれたら経営はよくなるなんてのは実務がわかってないですよ!」

原田「100円の40%の粗利だったら40円です。100万円の30%だったら30万円ですよ。」

A社長「あたりまえだよね・・・」

原田「そうなんです、あたりまえなんです!必要なのは粗利額なんです!!!!」

原田「資金繰りに必要なのは粗利額を捻出することです」「その日、その月、その年に必要な経費

を考えてください。1ヶ月で人件費や家賃などの経費がいくらかかりますか?」

A社長「だいたい500万円くだいかな~」

原田「だったら500万円の粗利を捻出する営業をすることです!仮に1つ1つの商品が利益のでる価格設定をしていたとしても1円でも足りなければ資金ショートを起こすんですよ」

 

A社長「なんだかわかってきたぞ~、損益分岐点だね!」

原田「近いですが違います。資金繰りです。決算書と経営は異なるんですよ!決算書はあくまでも

税金を払うための資料にすぎませんよ!」

A社長「そうだよね~!だったら何をすればいい?」

原田「云々・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

てな会話をさせていただいています。

 

コンサルタント会社をお探しの方!たくさんの資料が必要ですか?

何々比率がわかって満足ですか?

コンサルタントはナビゲーションにすぎません。運転するのは社長自身です。

運転技術が未熟な経営者ではどんなに優秀なコンサルタントがついても目的地に到着する前に

事故にあっちゃいます。

考え方から行動に至るまでじっくりお話をさせていただいて目的地までの最短ルートをご案内♪

それが、我々の業務です

10月15日21時41分 from 原田

ページ上部へ戻る