情熱日記 - 名古屋経営コンサルタントMPC

経営の中身≠決算書

代表コンサルタントの原田です。お久しぶりです!

 

さて、今日は最近お客様になっていただいた方との面談でした。

よくある会話なのですが少し紹介させていただこうと思います。

A社長「うちは粗利益率は確保しているはずなんだよね~なのに資金繰りが忙しいんだ・・・」

原田「社長!決算書には掛け算や割り算はないって知ってますか?」

A社長「?そう言われればそうだよね」

原田「そうなんですよ!銀行や税理士、コンサルタントが偉そうに財務分析をする過程で○○比率

とか△△率とかいって難しくしているんです」

A社長「!!」

原田「30%粗利を40%に上げれたら経営はよくなるなんてのは実務がわかってないですよ!」

原田「100円の40%の粗利だったら40円です。100万円の30%だったら30万円ですよ。」

A社長「あたりまえだよね・・・」

原田「そうなんです、あたりまえなんです!必要なのは粗利額なんです!!!!」

原田「資金繰りに必要なのは粗利額を捻出することです」「その日、その月、その年に必要な経費

を考えてください。1ヶ月で人件費や家賃などの経費がいくらかかりますか?」

A社長「だいたい500万円くだいかな~」

原田「だったら500万円の粗利を捻出する営業をすることです!仮に1つ1つの商品が利益のでる価格設定をしていたとしても1円でも足りなければ資金ショートを起こすんですよ」

 

A社長「なんだかわかってきたぞ~、損益分岐点だね!」

原田「近いですが違います。資金繰りです。決算書と経営は異なるんですよ!決算書はあくまでも

税金を払うための資料にすぎませんよ!」

A社長「そうだよね~!だったら何をすればいい?」

原田「云々・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

てな会話をさせていただいています。

 

コンサルタント会社をお探しの方!たくさんの資料が必要ですか?

何々比率がわかって満足ですか?

コンサルタントはナビゲーションにすぎません。運転するのは社長自身です。

運転技術が未熟な経営者ではどんなに優秀なコンサルタントがついても目的地に到着する前に

事故にあっちゃいます。

考え方から行動に至るまでじっくりお話をさせていただいて目的地までの最短ルートをご案内♪

それが、我々の業務です

10月15日21時41分 from 原田

体調管理

先日の事ですが、ご紹介を頂き、創業を検討されている方とのご面談をさせて頂きました。

創業に費やすパワーと精神力は相当なものがあると思います。また、ご自身は大丈夫と思っておられてもついつい、無理をし気付かない間に疲労が蓄積されているのではないでしょうか。

ご面談を開始して程なく、代表者様の体調に変化が。連日の過労が重なり倒れてしまいました。
幸い、大事には至らなかった為、後日に延期とさせて頂きましたが、 一言「私達を活用して下さい!」 
sign03

全てご自身で短期間にやり抜きたい事も分かるのですが、お体を壊されてはいけません。 
是非、アウトソースできる部分は弊社に任せて頂き無理や無駄のないスケジュールで、
準備、手続きを行っていきましょう。 
 







10月09日09時03分 from 伊藤

台風一過!

台風が愛知県を直撃しました。みなさんに被害はなかったでしょうか?

僕は大丈夫でしたが、朝から社員君達がいません・・・・coldsweats02

JR、名鉄で通勤している子たちなのですがなんと昼まで運休!

その間を利用してお客様達に電話をして被害状況を確認。

幸い大きな被害がないとのことで一安心です。

被害にあったお客様には日ごろ弊社が管理している保険手続きのご案内をさせていただきました。

普段はなんとなくもったいなく感じている保険もこういった事態にはなんともありがたいです。

 

 

話はかわって、先日急な連絡で転勤が決まった銀行員さんが最後のご挨拶にお見えになりました。

年齢も近く、公私にわたりなんでも語り合ってきた同志のような方の転勤には非常にショックです。

後任の方も以前よりお付き合いのある銀行員さんで救われた気持ですが残念で仕方がありません。

お二人ともご出世なので本来は「おめでとう」なんですが・・・

普段、あまり銀行員を褒めない僕ですが(僕がもともと銀行員なんでbleah)弊社がお付き合いさせていただいている銀行員の皆さんはとても素敵な方ばかりです!

 

転任されても是非今まで通りの辣腕をふるって下さい!

 

そして今後も末永いおつきあいをお願いいたします。

 

代表コンサルタントの原田でした。

10月08日17時05分 from 原田

さあ!10月

さあ、10月です!!

 

多くの企業では下期の始まりですねcatface

 

スタートダッシュ!!!!!bullettrain

 

と行きたいところですが、、、金融機関の話をさせていただきますear

 

この時期の金融機関は通常動きは鈍いものです。

 

というのも、下期方針というものがまだ決まっていないんです。

図体がでかいとこんなこともあるんですgawk

 

 

まず、下期の予算が決められます。

その後、各部署の方針が決定されて、、、最終的に各支店に目標が落としこまれます。

各支店に目標が張り付けられると一気に動き出す仕組みなんです。

サラリーマン根性というかcoldsweats02無駄な動きはしたくないってのが見え隠れしてなんともまぁ

考えさせれれます。

 

 

中小企業の皆様にはなんとも不愉快なお話だとは思いますsweat02

 

MPCではこんな時期でも金融機関との情報交換を積極的に行い、時には意見してリアルな中小企業の状況を金融機関にお伝えしています。

 

資金繰りは待ったなしですもんね!!

銀行の都合になんか合わせていられないんですよ!!

 

さあ、MPCもがんばろ!皆でエイエイオーしましたgood

我々の情熱にご期待ください!!!

 

 

 

訳あって毎日海を眺めている久しぶりに登場の代表、原田でした。

10月01日22時43分 from 原田

政府の予算見直し

昨日、運送業を営まれている企業様の補助金申請を行ってきました。

この制度は管轄が「国土交通省」であり、多数の企業がこの制度に申請を行っているようですが、

受付窓口で指摘されたのが、「政権交代により予算の見直しが行われておりますので、本制度自体がなくなる可能性があります。」とのことでした。

っとうことは、規定の補助金額が減額されるというだけでなく、条件を満たし、申請を行った多数の企業様全てに対し、補助金自体がでなくなる可能性まで出てきているようです。

どの業界にも補助金なり助成金の制度が設けられているはずですが、今まで制度は過去のものとなり、全く通用しなくなってくる可能性を肌で感じざる終えませんでした。

交付決定は10月1日~31日までとのことですので、何かと世間で話題となっている「前原大臣」の動向が気になるところです。

 

 

 

10月01日18時25分 from 今井

ページ上部へ戻る